会津地域スマートシティ推進協議会は、生活インフラ全体を統合し、効率的で持続的成長を可能にするスマートシティの実現に向けて事業を推進しています。

wrap_top
contents_top

スマートグリッドとは

スマートグリッド(次世代送電網)とは、情報通信技術の活用により、電力の流れを供給側(電力会社など)、需要側(住民など)の両方から制御し、高効率・高品質・高信頼度の電力技術・送電網の実現を目指すものです。

地域スマートシティモデル都市(会津若松市)

会津若松市では、次世代型の地域社会として、再生可能エネルギー(水力発電、地熱発電、木質バイオマス発電)立地の優位性や歴史文化による観光産業、ITベンチャー産業の集積と育成機関である学術機関(会津大学)の存在を活かし、IT技術と一体となった、地域スマートシティモデル都市の実現を市の施策・政策としています。

会津若松市にて実施しているスマートグリッド事業の詳細は、こちら

contents_bottom
wrap_bottom